トップページ

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 



お薬は医師の指導の通り正しく使用しましょう

私たちの生活に潜む、「病気」や「症状」といった敵に対抗するための大切な方法が「お薬」です。しかしこれらの頼りになるお薬は、使用法を間違えると、逆に自分の身体に悪影響となってしまいます。ですので、しっかりとした正しい使用法を覚えておくことが必要なのです。

お薬豆知識

服用時間について

では、まず薬を服用する上で基本となる「服用時間」についての解説をしていきましょう。服用時間については聞き慣れているつもりが間違った覚え方をしている方が多いので正しく覚えておきましょう。
まず「食前」からですが、これは「食事をする、およそ30分前の間に薬を飲む」ことを指します。そして「食直前」は、「食事をする、およそ10分前の間」、次に「食後」は「食べ終わってからおよそ30分前の間に飲む」、そして最後に「食間(食後2時間)」は、「食事と食事の間の時間に飲む」ことを指します。

お薬の相互作用

私たちの普段の食事などに「人参と大根」のように合わせない方が良い食べ物があるように、お薬にも合わせてはいけないものが存在します。これを守らないと薬が過剰に効いてしまったり、効き目が弱まってしまったりするのです。薬通販を利用してお薬の購入をお考えの方は、間違った服用をしない為にも必ずお医者様に相談をして、正しく利用をしてください。

また、使用する薬が多くなるほど複雑になり、身体に危険な作用が出てしまう場合もあります。
飲み合わせには健康食品や漢方薬、大衆向けのお薬も注意しなければいけません。飲み物で言うなら、お酒などのアルコール飲料、カフェインが含有されているコーヒー、牛乳、そしてグレープフルーツジュースなどがお薬の効果に変化をきたす場合があります。
また、薬はコップ1杯ぐらいの水もしくはぬるま湯で飲むようにしましょう。

お医者さんの指示を守って服用しましょう

お薬は処方された際の医師の注意や指示を守って飲むようにしましょう。薬通販を利用する際にも医師の指導に基づき正しく使用することは絶対です。
特に生活習慣病に対してのものは、自分の判断で「治っただろう」と思って飲むのをやめると症状が悪くなってしまう場合があるので気をつけましょう。
しかし、指定された服用期間内に「何かおかしい」という症状(吐き気、震え、発疹、眠気など)を感じた際には、薬の使用を中断して、お医者さん、もしくは薬剤師に相談をするようにしてください。

お薬の服用時間について

お薬の種類によっては、指定された時間に服用しないと、お薬の効き目が薄れたり、過剰に効きすぎてしまう場合があります。このような薬には例えば骨粗鬆症に対してのもの(ベネットやボナロン)、糖尿病に対してのもの(グルコバイ・ベイスン・ファスティック・スターシスなど)が挙げられます。ですので、自己判断で飲む時間を変えてしまわないようにしましょう。

飲み忘れについて

もし、薬を飲むのを忘れてしまった場合でも、絶対に2回分をまとめて飲むような事をしてはいけません。不安な場合は薬剤師に相談するようにしましょう。

お薬の保管方法について

医薬品は高温や湿度、直射日光などによって効用に影響が出てしまいます。薬を保管しておく際には、日の直接当たる場所を避けて、冷暗所に保管しておくようにしましょう。
他には、乳幼児や、小児の手の届く場所に薬は置かないようにしましょう。

医療機関での医薬品の処方について

医療機関で処方されるお薬は、皆同じ組み合わせではなく、それぞれの患者さんに適した組み合わせのお薬を調整しています。ですので処方されたお薬を他の人に譲渡するようなことは避けてください。

薬通販の利用について

海外から個人輸入にて薬を購入する薬通販については、個人の使用目的のみに認められていますので有償無償問わず薬通販で個人輸入したお薬を有償無償を問わず他人に渡すことは違法です。
便利な薬通販ですが、お医者様の指導に基づき適切な利用をすることを徹底してください。

「医薬分業」と「院外処方」について

「院外処方」の制度とは、歯科医師や医師による診察・治療を受けた時に、薬のタイプや用量などが書かれた「処方箋」を受け取って、それを持って、「処方箋取り扱い」「保険調剤をします」「保険薬局」といった記載がされている薬局でお薬を処方してもらうものです。
この制度は、薬剤師と医師の2種類の専門職によって、お薬の安全性、適切であるかどうかを2重でチェックすることができますので、患者の方が安心してお薬を使用することができます。

「かかりつけ薬局」について

症状を抱えている患者さん自身が、街にある薬局の中で選んだ信頼のおける店であり、処方箋を持っていき、お薬を調剤してもらう薬局のことを「かかりつけ薬局」と呼びます。このかかりつけ薬局では、それぞれの患者さんごとに薬歴(処方したお薬の記録)を作成してくれます。

この「薬歴」には今使っているお薬の他に、過去に使用していたお薬、患者さんのお薬などに対する体質や、過去に発症した副作用の履歴などが書かれます。
この記録をもとにして、複数の病院や薬局から処方されたお薬の相互作用や投与が重複されているか、そして薬の量などをチェックしたり、体質などによってアレルギーを起こす恐れのあるお薬が処方されていないかなどの確認を行い、そして必要に応じて医師に相談などを行ったのちに、調剤が行われます。

お薬と健康について

医薬品にが私たちの身体の健康な働きをサポートしたり、病気や症状などを治癒したり、健全な生活を送るための手助けとなってくれます、お薬によるサポートを十分に得るためにも、お薬の使用方法に関してはしっかりと知っておく必要があります。

説明書にしっかり目を通し、指示を守る

お薬は付属している説明書や、医師や薬剤師などの指示を守らずに使用してしまうと、望んだ通りの効果が表れなかったり、副作用が起こってしまう場合があります。しっかりと薬の効果を得るためにも、薬を通販で購入する場合も当然ですが説明書やお医者様の指示については把握しておきましょう。

適した量の水で飲むようにする

お薬の中でも「飲み薬」に関しては、水分制限を受けていない状況であれば、適した分量の水もしくはぬるま湯で服用するようにしてください。
お薬を飲む際の水が少ないと、薬が食堂で詰まってしまい、胃の中でしっかり溶けなかったり、潰瘍ができてしまったりしまう恐れがあります。
他には水の代わりとしてジュースやアルコール、牛乳などを使うと、効き目が強く出過ぎてしまったり、効き目が弱まってしまう危険性がありますので気をつけるようにしてください。

薬の種類によっては副作用があります

医薬品には症状などを治す効果の他に、身体に支障をきたす「副作用」が出てしまう場合があります。
もし、そのような症状が起こったら、それが大衆薬である場合は飲むのを中断し、それでも症状が治らない場合は薬剤師もしくは医師に相談するようにしてください。
副作用が起きた薬が医師による処方だった場合は、直ちに医師もしくは薬剤師に電話にて相談を行いましょう。
急に薬を中断しても、症状の治療によっては身体に危険を及ぼす場合もありますし、さらに重篤な副作用の前触れの場合もありますので注意が必要です。

薬の飲み合わせについて

医薬品には「相互作用(飲み合わせ)」というものがあります。複数の医薬品を併用することによって、お薬の効き目が相殺されてしまったり、薬の効き目が過剰に大きくなってしまう場合があります。この飲み合わせは薬同士だけではなく、薬と食品矢飲み物の間でも起こりますので気をつけましょう。

薬の影響が大きく出てしまうケース

お薬は人によって効き目の差がありますが、中でも「小児」「妊娠している女性」「授乳している女性」「高齢の方」は、特にお薬の影響を受けやすいタイプとなります。ですのでお薬の服用の際には自分の判断で飲み始めずに薬剤師もしくは医師に相談するようにしてください。

薬の価格について

ここでは薬の価格である「薬価」について説明します。
薬局や病院においては、この薬価をもとに値段を合わせて、その値段の一部を外来の窓口で請求します。
これをざっくりと説明すると、たとえば1錠で20円するお薬を、1回につき1錠、1日につき2回の服用、これを10日分処方してもらうことにより、合計で400円になるという計算です。
しかし実際のところは、意外と複雑な料金システムになっていたりします。上記の料金意外にも例えば調剤料、処方箋の料金、指導や管理による料金、その他技術料などが加わったりします。
このような事から、処方箋によって薬局から出してもらう場合と、病院から出してもらう場合で料金が違うという事が(病院や薬局では計算方法が違うため)起こりうるのです。
どうしても安く購入したという方に重宝されている、海外からの薬通販(個人輸入)にて医薬品を購入する方法においても、為替や輸入元の国の販売店によって計算方法に違いがありますので薬価に開きがでてくる場合も珍しくありません。

今後の医療が向かう道は、規制緩和や情報の公開、カルテの開示、そして、それぞれの患者さんが進んで参加して「選ぶ」医療形態です。
ですので遠くない未来に、薬剤師または医師が提示した同じ種類、同じ薬効のお薬の中から、患者の方が自分自身で価格の違いを吟味して薬を選択するといったケースも出てくると思います。

「調剤報酬」とは?

「調剤報酬」とは点数表に基づき計算が行われるものです。調剤報酬は大別して「基準調剤加算」「調剤における基本料」「調剤料の加算」「指導管理にかかる料金(技術料)」などがあります。
この調剤報酬が高額となっている場合は、その金額に見合った患者様自身にメリットのあるサービスを得る事ができるでしょう。