アジー通販

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アジー100mg(ジスロマックジェネリック)60錠

アジー100mg(ジスロマックジェネリック)60錠

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー250mg(ジスロマックジェネリック)10錠

アジー250mg(ジスロマックジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー500mg(ジスロマックジェネリック)30錠

アジー500mg(ジスロマックジェネリック)30錠剤

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー1000mg (ジスロマックジェネリック)10錠

アジー1000mg (ジスロマックジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマックジェネリック100mg(シロップタイプ)

ジスロマック・ジェネリック100mg(シロップタイプ)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマック・ジェネリック200mg(ドライシロップ)

ジスロマック・ジェネリック200mg(ドライシロップ)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジーの概要

アジーはジェネリック医薬品の一種で、ジスロマックと同じ成分、効能となっています。それでいてジスロマックに比べて安価で入手できるため、個人輸入で入手・服用する方が増えています。

この薬の特徴は細菌の感染による症状に広く改善が期待できること。もっとも広く用いられているのはクラミジアや淋病をはじめとした性感染症対策。医療機関で治療を受けるのに抵抗を感じて放置してしまいがちな性感染症だけに、個人輸入で入手し対策を行っていけるジェネリック医薬品の役割は非常に大きいものがあります。なおアジーではほかにも風邪・インフルエンザなどによる喉の炎症、歯周病、尿道炎などへの改善効果が期待できます。

副作用について

副作用が比較的少ない点もアジーの特徴・メリットです。よく見られる症状としては発疹、下痢、嘔吐、胃痛、目の充血など。症状の種類こそ多いですが、発症してもそれほど気になるものではありません。

摂取方法について

注意したいのは摂取方法です。用途によって一日の摂取量が異なっており、それに合わせて容量を決める必要があるのです。通常は一日一回、500mgの服用となります。この薬は効果の持続期間が長いため、間隔を詰めて服用しないよう注意しましょう。通常はこれを3日間続けて服用します。尿道炎や子宮頸管炎の場合には1000mgを一回だけ服用することになります。

もうひとつ注意が必要なのが他の薬剤との併用。水酸化マグネシウムやアルミニウムといった制酸剤、ワルファリン、シクロスポリンといった薬剤と併用することで相互作用を起こす恐れがあります。事前に医師によく相談したうえで服用が適切かどうかを確認しておきましょう。