ダイフルカン通販

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイフルカン(ジフルカン)ジェネリック50mg

ダイフルカンジェネリックは、ファイザー株式会社のジフルカンのジェネリック医薬品で、深在性抗真菌薬です。有効成分であるフルコナゾールは、カンジダ症、真菌血症、呼吸器真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症などの治療に用いられます。

ダイフルカンジェネリック50mg

最安値を販売ページでチェック


ダイフルカン(ジフルカン)ジェネリック150mg

【カンジダ治療薬1番人気!】ダイフルカンジェネリックはインドのシプラ社が販売しているカンジダ症の真菌症治療薬です。主成分であるフルコナゾールはカンジダ症治療に最も効果的とされ、病院で処方されるお薬のジェネリックです。

ダイフルカン(ジフルカン)ジェネリック150mg

最安値を販売ページでチェック


ダイフルカン(ジフルカン)ジェネリック200mg

カンジダ症など真菌(=カビ)に対する抗生物質の1つであるフルコナゾールを主成分としたジフルカンのジェネリック医薬品です。真菌の中でもカンジダやクリプトコッカスという種類に対して効果を発揮します。

ダイフルカンジェネリック200mg

最安値を販売ページでチェック

ダイフルカンジェネリック50mgはインドに拠点があるシプラ社で主に開発されて販売に至っている医薬品ですが、先発医薬品にあたるのはファイザーという製薬会社が開発しているダイフルカンです。

これらの医薬品の主成分となっている成分はフルコナゾールですが、この成分には抗真菌作用があり、真菌が原因となる病気の症状に対しての治療薬として広く用いられていますが、上記の効用があることからも分かるように元々は女性の性感染症に対しての治療薬として広く使用されていました。
しかし、この医薬品を服用することによって女性の膣分泌液を促す効果が現れ、その効果が媚薬としての大きな意味を持つというものですが、先発医薬品を開発したファイザーはその効果についての信憑性は乏しいという見解を示しているため、媚薬としての本当の効果というのは謎な部分もあります。

この医薬品を服用する場合の注意点としては心臓病や肝臓病などの病気を発症している場合は服用ができないという点で、他にも病気を発症していて何らかの医薬品を服用しているという場合は医薬品の相互作用によって重たい副作用の症状が出てしまうケースがあります。
また、ダイフルカンジェネリック50mgを服用することによる副作用の症状は様々な症状があるので、少しでも服用によって体に異変が出た場合は服用を直ちに止める必要がありますが、必ず医師に相談することも必要です。