ラミクタール 通販

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ラミクタール100mg

イギリスの製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社が開発したラミクタールは、てんかん治療薬です。日本では小児用として承認販売しており、有効成分のラモトリギンは脳神経の興奮を鎮め、うつ病の再発予防にも効果が期待されています。

最安値を販売ページでチェック
てんかん・ADHDの薬一覧はこちら


ラミクタール200mg

抗癲癇(てんかん)薬です。脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防します。また、鬱病再発の予防にも有効とされています。双極性障害治療にも使用されているようです。

最安値を販売ページでチェック
てんかん・ADHDの薬一覧はこちら


ラミクタールDT25mg

抗癲癇(てんかん)薬です。脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防します。また、鬱病再発の予防にも有効とされています。双極性障害治療にも使用されているようです。

最安値を販売ページでチェック
てんかん・ADHDの薬一覧はこちら


ラミクタールの概要

ラミクタール100mg(LAMOTRIGINE-100)とはラモトリギンが主成分になる抗てんかん剤・双極性障害治療薬で、成分の配合量により小児用2mg・小児用5mg・25mg・100mgの4種類があります。
ラミクタール100mgはてんかんを抑えたり双極性障害において気分を安定させ改善が期待できる薬になり、グラクソ・スミスクライン製の先発医薬品になります。

ラミクタール100mgの一般的情報

ラミクタール100mgはてんかん患者の場合に部分発作・強直間代発作などの発作に対する単剤療法として用いられ、また他の抗てんかん薬を服用していても充分に影響が見られない場合は併用療法として用いられる事があります。
また双極性障害においては気分エピソードの再発や再燃抑制などの改善のため用いられます。

ラミクタール100mgの使用方法や副作用について

ラミクタール100mgの使用方法については、単剤療法を行うケースでは最初の2週間は1錠25mgを1日1回服用し、その次の2週間は1錠50mgを1日1回の服用、さらに5週目から1錠100mgを1日1回もしくは2回に分割して服用します。
またその後については経過を見つつ1〜2週間ごとに1日最大で100mgずつ服用するなど細かな使用方法がありますので、必ず医師の指導を受けましょう。
また副作用については発疹・頭痛・眩暈・胃腸障害などが挙げられ、こうした副作用は服用した人のおよそ3割にも及ぶなどのデータもありますので経過観察において注意が必要です。