レビトラ ジェネクリ海外

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

レビトラ10mg

レビトラは日本でも専門クリニックで多数処方されている、ED治療薬です。バイアグラの改良版として作用発現が早く、空腹時の服用では約20分でその効果を発揮します。10mgでは約5時間作用が持続します。

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


レビトラ20mg

レビトラはドイツのバイエル社が開発したED治療薬で、服用から15分弱で勃起力サポートの効き目が現れる即効性のED薬!1錠なら8時間ほど作用が持続し、勃起の強さもバイアグラと同等の勃起不全改善薬。

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


レビトラOD10mg

ドイツの製薬会社バイエル社が開発したED治療薬レビトラOD錠は、なめるだけで効果を発揮する舌下錠タイプの勃起不全治療薬です。性行為の約1時間前になめることで、有効成分であるバルデナフィルが勃起力を増強してくれます。

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


ジマトラ20mg

早く効くED治療薬レビトラの格安ジェネリック!効果の強さと幾分かの早漏防止効果も!日本語パッケージで安心の勃起不全解消薬。

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


バリフ20mg(レビトラジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


サビトラ10mg(レビトラジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


レビトラのデメリット

男性の大きな悩みの1つにEDがあります。
女性と上手く性行為ができないというのは、男性にとっては由々しきことであり、このことから精神的にも鬱ぎこんでしまうことがあるくらいです。
そこで注目されているのが、ED治療薬です。
ED治療薬と言うと、日本ではバイアグラを想起する人が多いですが、他にもレビトラやシアリスといったものもあり、それぞれにメリットとデメリットが存在しています。
ここではレビトラのデメリットについて考えてみます。

レビトラにはどんなデメリットがあるのか知っておこう

レビトラのデメリットの1つに、ED治療薬ではあるものの根本的に治療できるものではないということがあります。
これはレビトラに限った話ではなく、ED治療薬全般に言えることです。
EDには様々な原因があり、根本的な治療というのは確立されていないと言っても過言ではありません。
レビトラなどED治療薬にできることは、いわゆるその場しのぎの対症療法でしかなく、その都度その都度で服用する必要があります。
また、上でも触れたようにEDには多くの原因があり、その原因のすべてに対応している訳でもないので、レビトラを服用しても効果がでないこともあるのは覚えておいてください。
効果の出方にしても個人差が大きいので、友人に勧められて購入すると言うのも良いですが、話に聞いた通りの効果が出るかどうかもわからないのが実情です。

もう1つのデメリットとしてはバイアグラよりも併用禁忌とされる薬が多いことがあげられます。
バイアグラでは硝酸剤などが併用禁忌薬として指定されているのですが、レビトラの場合は他にも抗不整脈薬であったり、抗真菌薬や降圧剤なども対象となっていますので、服用できる人が限られてしまうのです。
一方で、バイアグラでは効果が出なかった人にも効果が出るなどの良い面もあります。

最後に大きなデメリットしてはレビトラのコストです。
レビトラを日本で購入しようとすると、医師の診断を受けた上で処方してもらわないといけません。
その上、健康保険の適用外なので全額自腹で費用を負担する必要があり、コストがどうしても高くなってしまいます。
そこで個人輸入を利用するのも1つの方法です。
個人輸入を利用することによって、手軽に購入できる上にコストをある程度低くすることができます。
また、個人輸入の場合は通販のように自宅配送ができるので、病院で診察してもらうのは恥ずかしい、仕事が忙しくて病院に行けないという人にもお勧めです。