レビトラ ジェネクリ 効果

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

レビトラ10mg

レビトラは日本でも専門クリニックで多数処方されている、ED治療薬です。バイアグラの改良版として作用発現が早く、空腹時の服用では約20分でその効果を発揮します。10mgでは約5時間作用が持続します。

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


レビトラ20mg

レビトラはドイツのバイエル社が開発したED治療薬で、服用から15分弱で勃起力サポートの効き目が現れる即効性のED薬!1錠なら8時間ほど作用が持続し、勃起の強さもバイアグラと同等の勃起不全改善薬。

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


レビトラOD10mg

ドイツの製薬会社バイエル社が開発したED治療薬レビトラOD錠は、なめるだけで効果を発揮する舌下錠タイプの勃起不全治療薬です。性行為の約1時間前になめることで、有効成分であるバルデナフィルが勃起力を増強してくれます。

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


ジマトラ20mg

早く効くED治療薬レビトラの格安ジェネリック!効果の強さと幾分かの早漏防止効果も!日本語パッケージで安心の勃起不全解消薬。

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


バリフ20mg(レビトラジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


サビトラ10mg(レビトラジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
お得なレビトラジェネリック薬一覧はこちら


レビトラの概要

レビトラはED治療薬として日本国内でも愛用者が増えてきています。
それだけ優れた治療薬であり、メリットも多いと言えるのですが同時にデメリットもあります。
レビトラを理解したうえで服用するためにはメリットだけではなくデメリットも把握しておきましょう。

他の薬と併用すると危険な面もあります

レビトラのデメリットとして挙げられる1つに禁忌薬の多さがあります。
禁忌薬というのは併用が禁じられている薬のことで、つまりはレビトラを服用するなら服用してはいけない薬のことです。
具体的には降圧薬、抗不整脈薬、硝酸剤などが挙げられます。
持病の治療などでこれらの薬を服用している場合はレビトラを服用することはできませんので注意しましょう。
人によっては他のED治療薬を選ぶしかない可能性が出てくるわけですから、これはデメリットとして考えられます。

お薬はサポートという役割で考えましょう

もう1つのデメリットがED治療薬といっても根本的な治療になるわけではない点です。
レビトラは服用することで勃起機能のサポートをしてくれます。
ですがこれはあくまでも一時的なもので、服用を続けることでEDが完全に治るというものではありません。
たとえば鎮痛剤は痛みを和らげる薬ですが痛みの原因を取り除くことはできません。
これと同じことでレビトラを服用してもEDそのものが改善されるわけではない、これは意外と見落としてしまいがちです。
理解したうえで服用していればデメリットとは言えないかもしれませんが、そうでなければデメリットと言えるでしょう。

最後のデメリットが入手の面倒さです。
レビトラは薬局では市販されていないため、サプリメントなどのように手軽に購入することができません。
病院で処方してもらう方法が一般的な入手方法となります。
ですがこの方法だと病院に行かなければなりませんし、金銭的にも少し高くなってしまいます。
これは大きなデメリットと言えるのですが、個人輸入代行を利用すれば問題も解消できます。
個人輸入代行ならインターネットから購入が可能で、注文が済めば後は自宅に届くのを待つだけなので手軽です。
インターネットなら時間や場所を問わず好きな時に注文ができますし、他人に知られる心配もないので多くの方が個人輸入代行を利用してレビトラを購入しています。

こうしたデメリットがあるものの、レビトラがED治療薬として支持されていることは間違いありません。
レビトラを活用するためにもデメリットについて覚えておき、個人輸入代行を利用して利便性を向上させましょう。