リピトールの効果や通販のご案内

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

リピトール10mg

高コレステロール血症の治療薬がリピトール!コレステロール値を軽減

最安値を販売ページでチェック
高コレステロールの薬一覧はこちら


リピトール20mg

有名な高脂血症(脂質異常症)治療薬!コレステロール値を下げるお薬

最安値を販売ページでチェック
高コレステロールの薬一覧はこちら


リピトール40mg

高コレステロール血症(以前は高脂血症)の治療薬!肥満じゃなくても要注意。

最安値を販売ページでチェック
高コレステロールの薬一覧はこちら


リピトール80mg

高コレステロール血症(以前は高脂血症)の治療薬!肥満じゃなくても要注意。

最安値を販売ページでチェック
高コレステロールの薬一覧はこちら


リピトールジェネリック5mg(アトルリップ)

脂質異常症を治療するお薬です。コレステロールの生合成に関わる酵素のはたらきをおさえ、血液中のコレステロールの量を減らします。血管内皮細胞、平滑筋細胞に対する作用や、抗炎症作用、抗動脈硬化作用も期待されています。

最安値を販売ページでチェック
高コレステロールの薬一覧はこちら


リピトールジェネリック10mg(アトルバスタチン)

リピトールのジェネリックであるアトルリップは、脂質異常症の治療薬です!有効成分アトルバスタチンカルシウムが高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症の改善に効果あり!日本では、リピトールやアトルバスタチンとして販売されています。

最安値を販売ページでチェック
高コレステロールの薬一覧はこちら


リピトールジェネリック40mg(アトルバスタチン)

リピトールのジェネリックであるアトルリップは、脂質異常症の治療薬です! 有効成分アトルバスタチンカルシウムが高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症の改善に効果あり!日本では、リピトールやアトルバスタチンとして販売されています。

最安値を販売ページでチェック
高コレステロールの薬一覧はこちら


リピトールジェネリック80mg(アトルバスタチン)

リピトールのジェネリックであるアトルリップは、脂質異常症の治療薬です! 有効成分アトルバスタチンカルシウムが高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症の改善に効果あり!日本では、リピトールやアトルバスタチンとして販売されています。

最安値を販売ページでチェック
高コレステロールの薬一覧はこちら


リピトールジェネリック80mg(アトルリップ)

脂質異常症を治療するお薬です。コレステロールの生合成に関わる酵素のはたらきをおさえ、血液中のコレステロールの量を減らします。血管内皮細胞、平滑筋細胞に対する作用や、抗炎症作用、抗動脈硬化作用も期待されています。

最安値を販売ページでチェック
高コレステロールの薬一覧はこちら


リピトールの効果について

リピトールはアトルバスタチンカルシウム水和物が主成分となっているファイザーが製造している医薬品ですが、アトルバスタチンカルシウム水和物にはコレステロールに対しての薬理作用があり、この作用によって高くなっているコレステロールの値を減少させる効果が期待されます。

コレステロールは私たちの体を組成している数多くの細胞を覆っている細胞膜という成分の生成に深くかかわっており、コレステロールが体内に存在してくれていることによって細胞が活発に動いてくれているわけです。
一般的にコレステロールと聞くと体に悪いイメージを持ちますが、コレステロールは体に必ず必要な成分であるということは忘れないようにする必要があります。

リピトールを服用してコレステロールを下げないといけない状態になっている場合は体にとって必要なコレステロール以上のコレステロールが血中に存在して、それによって血液の流れを悪くして動脈硬化などの病気を発症するリスクを高めてしまうためですが、実際に脳梗塞や心筋梗塞になる人の多くは高コレステロールの場合が多くなっています。

そのため、リピトールを服用して高くなり過ぎたコレステロール値を減少することは動脈硬化を予防してそこから繋がる脳梗塞や心筋梗塞の症状を予防する効果が期待されるということになります。
ただし、服用することによって様々な副作用の症状が出る可能性があるため、必ず医師の診察を受けてから服用する必要があります。

服用する際の注意事項

ファイザー株式会社が製造しているリピトールには血液中のコレステロールを下がる薬効がありますが、これはリピトールに含有されているアトルバスタチンカルシウム水和物が肝臓でコレステロールが生成されるのを抑制する働きがあるためで、リピトールは高コレステロール血症の症状改善に広く使用されています。

コレステロールの値を減少させることによって動脈硬化やそれが起因して発生する可能性がある心筋梗塞や脳梗塞など重たい症状を伴う病気についての予防効果が期待されます。
昔に比べると日本人の単位血液中あたりのコレステロールが増えていると言われており、これは食生活の変化が大きく関係しているとも言われていますが、リピトールを服用する場合はコレステロールが増加している直接的な原因の食事や生活習慣についても見直して必要に応じて改善する必要があります。
リピトールを服用することによって起こる副作用の症状には胃の不快感や眠れないという症状、また下痢や胸やけ、倦怠感などの副作用の症状が見られることがありますが、

大体の場合は薬効が切れるのと同時に症状が収まる場合がほとんどです。
ただし、肝炎や肝機能障害、高血糖や糖尿病、ミオパシーなど重篤な副作用の症状が発生することがあり、これらの症状はリピトールの薬効が切れたからといって症状が収まることはないので、少しでも服用によって体に異変を感じる場合は服用を止めて医師に相談する必要があります。