バいあぐら通販

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

バイアグラジェネリック(シルデナフィル)

ペニスの中折れ、加齢や生活習慣で硬さが落ちたというような勃起症状を改善するED治療薬、バイアグラと同成分のジェネリック医薬品の一覧になります。有効シルデナフィルが勃起を強力にサポートします。

バイアグラジェネリック(シルデナフィル)の薬一覧はこちら
ED治療の薬一覧はこちら


バイアグラの使用上の注意

バイアグラは経口のED薬として世界初の薬であり、世界中で多くの人が愛用していますので実績が非常に多く安全性も高い薬です。
ですが、バイアグラは元は狭心症の薬として開発されたものですので、血管系の疾患がある場合は注意が必要となっています。
血圧にも関与しますので、高血圧や低血圧で薬によるコントロールが出来ていない場合は服薬が出来ません。
他に使用出来ない状態もありますので、そういった状態ではバイアグラなどのED薬は使用する事が出来ませんので注意が必要です。
特に個人輸入でバイアグラを入手した場合、本来医師からは処方出来ない状態でも入手出来てしまいます。

その為、安全に使用出来る状態であるかどうか、自己判断だけではなく医師の確認も行いましょう。
注意さえ守れば安全に使うことが出来るバイアグラですが、重篤な健康被害をもたらす可能性がある併用禁忌薬などもあります。
薬は元々強い効果があるものですので、使用上の注意は必ず守る必要があるのです。
またEDの治療は自由診療ですので、バイアグラ購入時は費用が高額になるデメリットもあります。
しかもバイアグラは一錠で5時間ほどの効果しかありませんので、セックスの都度必要になりますので、毎月の費用負担が大きくなります。
購入方法に安価な個人輸入を活用するなど工夫する必要があるかもしれません。

バイアグラ服用によるデメリットについて

バイアグラ服用の際は顔の火照りや消化不良など9割の方に何かの副作用が表れますので、バイアグラを服用したことがわかりやすいです。
また有名な薬ですので、バイアグラを所有していることでEDだとわかってしまう可能性もあります。
バイアグラは服用時にもED薬の中では独自のポイントがあります。
それは食事の影響を受けやすいことで、食後ではバイアグラの効果を発揮する事が出来ません。
バイアグラを服用して効果がなかった場合の多くが空腹時でなかったり、食後に服用してしまった事によるもので食事の油が粘膜を覆ってしまいますので、バイアグラの有効成分の吸収が阻害されてしまうのです。
レビトラやシアリスではバイアグラのデメリット改良を行った為食事の影響がかなり軽減されていますが、バイアグラは初期のED薬である為、食事の影響が非常に強く残っています。

その他にバイアグラは効果が強く評判も良い薬ですが、その効果時間は5時間ほどとED薬では最も短い時間になっています。
効果時間の短さと食事による制限を受けやすいこと、その二点がバイアグラ最大のデメリットとなっています。
ただED薬は使用感や相性の問題もあり、バイアグラが自分に最適であるといった人も多くいますし、注意点を踏まえて使っていきたいですね。